2021年Webマーケティングのトレンド・ユニークワンの予想「動画プラットフォームの拡大」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年Webマーケティングのトレンド・ユニークワンの予想「動画プラットフォームの拡大」

2020年以降、コロナ禍で時代が大きく変化する中で、インターネット広告やWebマーケティングにおいても移り変わりが激しくなっています。
今回は、2021年のインターネット広告、Webマーケティング業界ではどんなトレンドが生まれるのか、新潟のインターネット広告代理店・ユニークワンの社員が予想してみました!

・ ・ ・

動画広告市場の成長は2021年さらに加速

画像1

(出典:サイバーエージェント)

これまで動画広告は、商品やサービスの認知拡大や、興味関心の高い層への親近感醸成などといったブランディングに役立てられてきましたが、2020年からは販売促進や購買行動への直接的な誘導にも活用されるシーンが多く見られました。

コロナ禍での外出自粛、おうち時間の充実といった観点からも、wi-fi環境でのスマートフォンの利用が増加し、動画広告がより一般的に。TikTokやInstagramなど、集客力のあるSNSを通じた短期的な認知獲得戦略においても動画広告が活用されています。
こういった傾向は大企業を中心に今後も強まっていくと予想できます。

SNS上に新たな動画プラットフォーム登場の可能性

ここ2,3年でInstagramやTwitterを中心に、動画プラットフォームが続々登場しています。
例えば…

「IGTV」
Instagramの動画共有機能。
スマホ全画面表示の動画を最大60分まで共有することが可能です。
視覚や聴覚へのダイナミック訴求ができ、広告配信はもちろん、アパレル関係や美容関係のショッピング機能との相性も抜群。
集客や販促に活かせるツールとしても注目されています。
アプリを開くとすぐに動画再生がスタートし、視聴画面の操作も直感的にできるのも特徴です。

■「リール」
Instagramに新たに加わった「リール」機能。最大15秒の動画を撮影・編集・投稿できる機能です。
画像投稿に比べてインパクトを与えることができるため、消費者への購買行動促進に活用しやすいという特徴があります。
リールはフィード(ユーザーのタイムライン)だけでなく、「発見」タブ(虫めがねのアイコン)上では専用スペースに表示されます。
そのため、フォロワー以外の利用者へも情報を発信することができます。

■「Fleet(フリート)
2020年にTwitterで追加された新機能、Fleetでも動画投稿が可能です。Instagramのストーリー機能のように画面上部にアイコンが表示されるため、アカウント自体の存在感を示すのにも有効な機能です。

2021年はこれらの活用が広がるとともに、さらに新しい動画プラットフォームも登場するのではないかと予測できます。

効果を最大限発揮できる「縦型動画」が主流に

スクリーンショット 2021-01-21 8.41.26

横型、正方形のフォーマットと比較して、スマートフォンの占有面積が大きい縦型動画はユーザーからのリアクションが増加することがわかっています。横型フォーマットと比べると視聴率が28%アップしたというデータもあり、今後スマートフォンの画面に合わせた縦型動画がより主流になっていくことが予想できます。


実際、各SNSで用意されているショートムービー機能も縦型のフォーマットが中心です。以下にまとめましたので参考にしてみてください。

スクリーンショット 2021-01-21 8.45.02

スクリーンショット 2021-01-21 8.45.11

YouTubeでは新たに最大15秒の動画を配信できる「YouTube Shorts」がインドで先行提供されています。

長期的な需要拡大に備えた「企業の動画慣れ」がカギ

2020年からは日本国内でも「5G」の提供がスタートしましたが、まだまだ提供エリアは限定的。5Gが一般的になるのはあと数年先になりそうです。
一方、大手携帯会社の利用料金の値下げが続々と発表され、4Gでのスマートフォンの利用が当たり前になりました。
外出先における動画視聴への抵抗がなくなり、動画広告が積極的に受け入れられる土壌が出来上がりつつあります。

そこで大事になってくるのが、企業側の「動画慣れ」です。
Webでの情報発信を行なったことがない企業はもちろん、Twitterやブログで情報発信することはあっても動画を活用したことがない企業こそ「Web動画」にぜひチャレンジしてほしいと思います。
とはいえ、最初は抵抗があると思いますので、まずはInstagramやTwitter、TikTokなどで企業がどんな動画広告を流しているのか注目してみることをおすすめします。「自社だとどんなことができるのか」という視点で視聴するだけでも、得られることは多いはずです。

おわりに

2021年、ユニークワンが注目しているマーケティングトレンドについてお伝えしました。
今後もWeb広告業界の情報を伝えながら、社員がどんな仕事をしているのかについても知っていただけたらと思います!

更新通知はTwitterでもつぶやきますのでぜひフォローお願いします!



更新情報はTwitterでおつたえします🐣

Grazie🍕
地方企業の課題を解決するインターネット領域に特化した広告代理店です。 これまでWEBマーケティングに挑戦したことがなかった企業に寄り添い、インターネット広告・動画制作・サイト制作・SNS運用サポートで地方企業の課題を解決します。 2020年9月よりnote運営開始!