ユニークワンのユニークな福利厚生制度を6つ紹介します!
見出し画像

ユニークワンのユニークな福利厚生制度を6つ紹介します!

新潟県に本社があるインターネット広告代理店ユニークワンには、社員が快適に働けるよう、さまざまな福利厚生制度が用意されています。

この記事では、2021年10月時点でユニークワンが用意している福利厚生制度について特徴的なものを一挙紹介!
ぜひ最後までお読みください。

1.近ければ近いほどもらえる【住宅手当】

オフィスから1km以内の賃貸アパートに居住すると月20,000円、2km以内でも月10,000円が支給される住宅手当。
一人暮らしの社員を中心に、会社徒歩圏内に住む人が続々増えています。
利用者の声をまとめたnoteもあるのでぜひご覧ください!


2.早起きは250円の得!【早朝勤務手当】

ユニークワンの就業時間は8時〜17時。
ですが、朝5時~8時の間に勤務すると、30分ごとに250円が加算される制度です。
夕方に残業するよりも朝早く会社に行くほうがちょっとだけ得することになります!


3.業界未経験でも活躍!【スキルアップ支援制度】

画像2

仕事に関係のある書籍の購入、セミナーへの参加代金は全額会社が負担する、というこちらの制度。
ユニークワンは勉強熱心な社員が多いので、頻繁に活用されています!
おかげでオフィスの本棚もかなり充実していますよ!


4.大切な人と過ごしたい【パートナーバースデー休暇】

配偶者、もしくは恋人の誕生日当日に休暇を取得できる制度です。
多くの社員が活用し、パートナーの誕生日を祝っています。
利用者の声をまとめたnoteもありますのでぜひお読みください!

5.社員同士感謝を伝えあう【ピアボーナス制度】

ピアは英語でpeer=仲間という意味。
社員同士で感謝や称賛を伝えあい、ささやかなボーナスを贈る制度です。
社内で使っているチャットツール「Slack」上で、お礼をしたい相手に「タコス」のスタンプを送ると、1タコス=30円として相手のボーナスになります!

画像1

(使用例としてはこんな感じ)

6.自分も会社もブランディング!【Twitter手当】

会社名および自分の名前(姓・名どちらかでもOK)でTwitterアカウントを運用しているメンバーには、フォロワー数に応じた手当が支給されます!
詳しくは以下のnoteをご覧ください。


おわりに

以上、ユニークワンが用意しているユニークな福利厚生制度を紹介しました。
使ってみたい!と感じたものがたくさんあったかと思います!
今後noteでも1つ1つの福利厚生制度について紹介記事を書いていく予定ですので、楽しみにしていてくださいね!

更新情報はTwitterでおつたえします🐣

Danke🍺
地方企業の課題を解決するインターネット領域に特化した広告代理店です。 これまでWEBマーケティングに挑戦したことがなかった企業に寄り添い、インターネット広告・動画制作・サイト制作・SNS運用サポートで地方企業の課題を解決します。 2020年9月よりnote運営開始!