株式会社ユニークワン|新潟のインターネット広告会社
世界44ヵ国を飛び回った旅行コーディネーター。たどり着いたのは「地方でも女性が活躍できる会社」だった
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界44ヵ国を飛び回った旅行コーディネーター。たどり着いたのは「地方でも女性が活躍できる会社」だった

ユニークワン社員一人ひとりの素顔に迫る社員インタビュー。今回の記事は、コンサルティング部・畠村 直未はたむら なおみさんへのインタビューです!

前職は旅行コーディネーターとして世界中を飛び回っていた畠村さん。新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに、転職活動をはじめたそう。インターネット広告業界は未経験ながら、ユニークワンに入社を決意しました。

愛知県出身の彼女は、現在北陸オフィス(金沢市)で勤務。Iターン転職の経験者でもあるんです。

なんで旅行会社からユニークワンへ!?
Iターン転職って大変じゃなかった?

その本音を探ってみました!

・ ・ ・

ヨーロッパやアフリカ、南米も!全44カ国を巡った旅行コーディネーター時代

ーー今日はよろしくお願いします!畠村さんは前職、旅行コーディネーターのお仕事をされていたんですよね?

そうです!新卒でツアーを企画・運営する旅行会社に入社しました。両親が旅行好きで、国内旅行によく行っていて。その影響で私も旅行が好きになったんです。「いつか両親を海外に連れて行ってあげたい!」という想いから、海外のツアーを運営する会社に入社。お客様と感動を共有したいと思っていたので、ツアーへ添乗する会社を選びました。当時は月の半分以上、海外にいました

ーーめちゃくちゃ世界中を飛び回ってる…!たとえばどんな国に行ったことがありますか?

よく行ってたのは、担当エリアだった中南米アフリカです。入社した会社が秘境スポットのツアーが多い会社だったので、逆にメジャーな観光地にはあまり行ったことがなく笑

ベネズエラのエンジェルフォール。なんと979mの高さらしい。

ーー秘境スポットがメインとなると、ツアー中のトラブルも多そうな印象です。

多かったですね~。一番多かったのは乗り継ぎのトラブルです。秘境スポットなので、日本から行くとなると複数の飛行機やバスなどを経由します。たとえば乗り継ぎの飛行機で足止めを食らうと、1日単位でスケジュールがずれて…。お客様はもちろん、ホテルや観光地ともリアルタイムで調整していました。今振り返ると相当タフな現場ですね!

ーーお客様にとっては一生に一度の旅かもしれないですしね…。畠村さんが訪れた中で、一番好きな国はどこなのでしょう?

アイスランドです(即答)!担当はアフリカ・中南米だったのですが、ツアー同行は担当関係なく色々なエリアでありました。数えてみたら、44か国に行ったことありますね笑 アイスランドのいいところは、良い意味で「何もないところ」。自然豊かで、魚介や羊肉などの食べ物もおいしい。無垢と言うか、素朴な感じがすごく好みでした。

アイスランドで見えたオーロラ。壮観です…。


外出自粛の影響で旅行ツアーが軒並み中止。「市場が伸びている」Webマーケティング業界に興味を持った

ーー旅行好きで旅行業界で働いてる…まさに理想的なキャリアだと思うのですが、転職を考え始めたきっかけを教えてください。

新型コロナウイルスの流行がきっかけですね。2020年に入ったくらいから、海外旅行のツアーが全部無くなってしまいました。会社も休業状態で、社員に「副業」や「早期退職」を推奨し始めたんです。2020年12月には、全社員の約7割をリストラせざるを得ない状況に…。すごく残念なのですが、その中に私も含まれていました。

ーーショッキングな出来事でしたね…。
ただ、私の中ではある程度覚悟はできていました。副業を推奨され始めたころから、SNSマーケティングの副業を始めていたんです。もともと会社でもSNSをやっていたので、経験を活かせるかなと。副業をやっていくうちに、SNSだけでなく「Webマーケティングって面白いな」と感じることが増えてきて!コロナ禍でますますインターネットを使うシーンは増えたから、Webマーケティング業界は伸びていくはず…。そう感じて、Webマーケティング業界への転職を考え始めました。


コロナ禍で感じた「閉塞感」が石川県への移住を後押しした

ーー畠村さんは、東京で働いていたんですよね?転職してもそのまま東京にいる、という選択肢はなかったのでしょうか?

私は愛知県、といってもだいぶ田舎の出身なのですが、正直東京での生活に疲れちゃってました。通勤は満員電車なうえ、コロナ禍で人ごみに行くのもイヤだなぁと…。そんな中、夫の実家が金沢市にあってコロナ前はよく行ってたんです。夫の家族や親戚と楽しく過ごしているうちに、だんだん金沢にいる時間が心地よくなってきて。もともと自然が好きなのもあって、東京よりも石川で暮らしたいな~と思うようになりました。

ーーそうなんですね!てっきり旦那様のUターンに畠村さんが一緒に来たんだと思っていました…!

「石川に移住しよう!」って私が夫を説得したんです笑 Iターンセミナーみたいなイベントにも参加していました。

ーーちなみに、地元である愛知県に帰る、という選択は考えたのでしょうか?

少し考えたこともありますが、結局やめました。私の地元は結構田舎で、名古屋市に出るまでも車で1時間以上かかるんです。それに比べると、夫の地元である金沢市はコンパクトで通勤にも便利だなと!都会と田舎のバランスがちょうど良いのもあって、石川への移住を決めました。今は夫の弟家族とよくキャンプに出掛けたり、楽しく過ごしています。

休日は近所でキャンプを楽しむ畠村さん


「地方でも女性がバリバリ活躍できるんだ!」ユニークワンに入社を決めた理由

ーー石川県でWebマーケティングの仕事ができる転職先を探していたら、ユニークワンが見つかったのでしょうか?

そうです!色々な転職サイトで探しまくってたんですけど、地方だからかWebマーケティング関連の求人が全然なくて…。あるとき、リクナビを見ていたらユニークワンの求人を見つけたんです。Webマーケティングのプランナーとしてお客様と接することができる・未経験でもOKということで、すぐに応募しました。

ーー求人を見つけてもらえてよかったです!ちなみに、他の転職先と迷われたりしましたか?

実は、旅行業界への未練が断ち切れずに転職先を探したことがありました。ただ、やっぱり今後の状況とか市場の伸びを考えるとWebマーケティングの方がいいな、と感じてユニークワンに。あと、ユニークワンに決めた大きな理由はnoteですね。大島さんなどのインタビュー記事を見て、地方でも女性が活躍できる会社なんだ!と魅力を感じて。もし自分が将来、子どもを産んで育てることになったとしたら働けるのかな?と少し不安に感じてた部分もありました。でも、ユニークワンには子育てをしながらしっかり仕事もする方もいると、noteを見て安心したのを覚えています。

▼大島さんのインタビューnoteはこちら!


「感覚」ではなく「データ」を信じる。入社して実感したデータ分析の重要性

ーーnoteを見てくれたのは大変嬉しいです!実際、入社してみてnoteを読んだ時のイメージとのギャップとかありましたか?

noteを見た時から「優秀な人が多いんだろうな~」と感じてたのですが、入社してみると皆さん想像以上のスピード感でバリバリ働いてますね! 入社前は心のどこかで「とはいえ地方の会社だもんね」と、無意識に都会と比べてたのかもしれません。でも入社してみて、本当に都心の会社と遜色ないくらい、すごい人たちとスピード感を持って働ける環境なんだと実感しました。地方でこういう環境ってなかなか無いと思います。

ーー「働くメンバー」はユニークワンの大きな魅力ですよね。現在はマーケティングプロデューサーとしてお客様への提案をする畠村さん。具体的にはどんなお仕事をされてますか?

コンサルティング部のマーケティングチームとして、新規リード対応をメインで行なっています。新規リードといってもテレアポ・飛び込みは一切なく、Web経由の問い合わせやセミナー申し込みなど、お客様からのコンタクトが商談の起点です。

ネット広告やローカルメディアの問い合わせから実際に商談をして感じるのは「価値を感じてもらうことの難しさ」。ネット広告ってチラシなどと違って実物を手に取ることができないので、効果があるか見えなくて不安という方もたくさんいらっしゃいます。

実際、ネット広告はやっていないけどポスティング・チラシにはそれ相応の予算を割いている、という方もたくさんいて。効果がない!とは全く思いませんが、ネット広告で同じ予算を使えばもっと確実にサイトを見てもらえるのにな…と感じることも。シミュレーションで数字も出しながら、お客様に「価値がある」と感じてもらえるように頑張っています。

ーー旅行業界からユニークワンへ転職してきて、一番の違いはどういうところだと感じていますか?

一番違うのは「データ」がとにかく大事、ということです。前職では「このスポットはなんか良さそう!」のような「感覚」でツアーを企画することもありました。でも、ユニークワンで仕事を進める上で大事なのは「データ」です。

たとえばお客様にInstagram広告を提案したい!という場合でも「なぜLINEではなくInstagramなのか?」など、考えた理由をデータを元に説明します。もちろんユニークワンでも感覚が大事な場面はあるんですが、お客様に納得してもらうには客観的に根拠をお伝えする必要があって。これが結構難しいんですが、先輩社員に教えてもらいながら頑張っています!

▼「数字にこだわる」はユニークワンのバリューの1つ!


いつかは自分も誰かにとってのロールモデルに!お客様へ最適な提案ができるプランナーになりたい

ーー最後に、今後ユニークワンでやりたいことや、目標を教えてください!

入社して1年ちょっとなので、まずはインターネット広告やサイト制作などの専門知識をどんどん身に着けていきたいです!今はまだ他のメンバーと一緒に商談することも多いですが、一人でも十分に商談できるような力を身に着けたいです。ゆくゆくはMVPを取ったり、チームを率いる立場にもなりたいなと…

ーーユニークワンでは半期ごとにMVPが選ばれますもんね!

そうですね!一度はMVPを取ってみたいなぁ…。 ユニークワンにはロールモデルとなる女性メンバーがたくさんいますよね。あ、もちろん男女問わず皆さん素敵なのですが!いつかは自分も誰かにとってロールモデルとなれるよう活躍したいです!

笑顔で語る畠村さん。zoomでのインタビューありがとうございました!

・ ・ ・

畠村さん、ありがとうございました!
一緒にユニークワンをどんどん盛り上げていきましょう!

ユニークワンでは「地方のIT化をリードする」というミッションを実現すべく、仲間を募集中です!少しでも興味がある方はぜひnoteや採用情報をご覧ください。

【ユニークワンの採用情報はこちら】

【北陸オフィスでの求人情報はこちら】


この記事が参加している募集

オープン社内報

企業のnote

with note pro

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新情報はTwitterでおつたえします🐣

Gracias⚽
株式会社ユニークワン|新潟のインターネット広告会社
地方企業の課題を解決するインターネット領域に特化した広告代理店です。 これまでWEBマーケティングに挑戦したことがなかった企業に寄り添い、インターネット広告・動画制作・サイト制作・SNS運用サポートで地方企業の課題を解決します。 2020年9月よりnote運営開始!