見出し画像

広告営業の「二刀流」を求めてユニークワンへ。テレビ局→ITベンチャーへ華麗なる転身を遂げた営業マンの素顔とは?

ユニークワン社員一人ひとりの素顔に迫る社員インタビュー。今回の記事は、今年4月にWEBマーケティング部へ入社した永井 大地(@daichi_nagai_01)さんへのインタビューです!

前職は新潟県内のテレビ局で敏腕営業マンとして活躍されていた永井さんが、ユニークワンに入社した理由とは…?その素顔に迫ります!

・ ・ ・

テレビ局での営業マン時代。「本当にお客様に貢献できているのか?」という疑問が生まれた

ーー今回はよろしくお願いします!永井さんは入社前から「テレビ局出身のすごい人が来るらしい」と社内で噂になっていたので笑、今回インタビューできて嬉しいです!

そんな噂になってたんですか笑 実はごく普通の人間なので誤解しないでください…

画像1

(あくまで謙虚な姿勢の永井さん)

ーー永井さんはユニークワンに入社前、新潟県内のテレビ局で働いていたんですよね?

そうです。テレビCMやスポンサー枠などを売る、いわゆる「テレビ広告」の営業マンでした!新卒で入社して2-3年は新潟で、その後東京に配属され6年間働き、去年の4月にまた新潟に戻ってきました。

ーーそうなんですね!テレビ局と言えば人気の就職先だと思うのですが転職を考え始めたきっかけってありますか?

営業をしていると、「テレビCMは本当に効果があるの?」とお客様に言われることも多く… 確かにテレビ広告って客観的に効果を測るのが難しいんですよね。例えばあるイベントでテレビCMを打ったとして、何人がCMきっかけで来てくれたのか、のような。今は成果を測る手法も出てきたんですが、まだまだなんですよね。だんだん「お客様にちゃんと貢献できていると目に見える仕事がしたい!」と思い、転職活動を始めました。


運命を変えたきっかけは飲み屋!?ユニークワンに転職しようと感じた決め手とは?

ーー転職先を探していた時は、どのような選択肢があったのでしょうか?

広告のなかでも成果をしっかり測れる分野で働きたいと考え探していました!実は大きく二つ選択肢がありまして。一つは運用型テレビCMを取り扱う会社、もう一つがインターネット広告です。テレビCMの方はなじみもありましたし、成果が見える化される手法を取り入れていたので魅力的に感じました。一方で最近はネット広告の勢いがすごいことも知っていたので… 「一本の刀を深く研ぎ澄ます」のか、「二刀流になる」かですごく悩みました笑

ーーサムライみたいでカッコいいですね!笑 そんな中でユニークワンに入社するまでには何があったのでしょうか…

ユニークワンのことは仕事の関係で以前から知っていて、転職先の候補に元々ありました。ある日飲み屋で知り合いに転職の相談をしていたら、「俺立川さんと知り合いだからここに呼ぼうか?」となって! そしたら立川さんもたまたま近くにいたので合流したんです。そこでユニークワンのビジョンや今後の事業展開などざっくばらんにお話を聞くことができて、「ユニークワンの選考を受けてみたいな!」という気持ちが高まりました。

ーーなんと飲み屋で話が進んでたんですね(立川さんファインプレー!)。他にも選択肢がある中でユニークワンを選んだのはなぜでしょう?

色々あるのですが、一つは自社メディアを持っていることです。自分もプライベートでは「にいがた通信」をよく見ていましたし、同じくメディアを持っているテレビ局とつながる部分もあるなと感じました!

もう一つは新潟で働ける、ということです。実は運用型テレビCMの会社からもオファーは来ていたのですが、働くとすれば東京に行かないといけず… あくまで自分の生活拠点は新潟なので東京に行くのは現実的に難しかったので、新潟で働ける企業、という意味でもユニークワンを選びました!

ファイル_292

(休日には釣りを楽しむことも!自然をエンジョイしています)


二刀流の道を選んだ永井さん。メディア営業=モノ売りではない?

ーーインターネット広告の分野に飛び込んだ永井さん。現在はどんなお仕事をされてるんでしょうか?

現在は「メディア販売グループ」に所属し、にいがた通信をはじめとする自社メディアの営業をやっています!前職と共通する部分もあると思うのですが、WEBの分野はまだ未経験ということもあり日々奮闘してます🔥

ーーなるほど!前職とユニークワンで感じる違いってありますか?

メディア営業って「モノ売り」のイメージがあると思うんですが、ユニークワンでは全く違うなと感じています。自社メディアはあくまでお客様の課題を解決する手法の一つであって、お客様のお話を聞いていると自社メディア以外の手段が効果的な場合も結構あるんです。いわゆる「課題解決型の営業」が求められているなと感じます!

あとはメディアに掲載する価値をお客様に感じてもらうのが大変でもあり仕事の肝です。「タダでも載せてくれるでしょ?」と感じているお客様もまだまだ多いので、メディアの実績や効果を数値で伝えながら感情面にも訴えて…とやりがいがあります。

画像3

(メディア営業の醍醐味を熱く語る永井さん)


前職の経験を活かしながら奮闘する永井さん。今後の野望とは?

ーーメディア販売グループは今年の4月に新設されて永井さんは一人目のメンバー。今後こうしていきたい!という想いはありますか?

そうですね…まずは自分自身のことで、WEBマーケティング分野に詳しくなり一人称で「課題解決営業」ができるようになりたいです!知識のインプットだけでなく他のMP(マーケティングプロデューサー、お客様とのフロントに立つ)の方に同行しながらコツをつかんでいます。

あとは「メディア販売グループ」として誰でも売上をしっかり上げられるような仕組みづくりも取り組んでいきたいです。そのためには権限が必要だと思いますが、まずは自分のスキルアップをしながらもグループ全体の目線でも仕事に取り組みたいなと思います。

ーー仕組みづくりは今最も重要なポイントですね!ユニークワンの「働く環境」はどう感じますか?

Slackがコミュニケーションの中心ですが、慣れてくればもっと使いこなせるなと思ってます。まだあまりタコス※も送ったことがないので今後は送ってみたいです笑

※ユニークワンには独自の福利厚生制度「ピアボーナス」があります!

あとちょっと感じるのは、チャットの文化やマニュアルを読んでまずやってみて!という流れは僕のような中途採用では馴染みやすいと思うのですが、新卒やインターン生など「そもそもの働き方」みたいなのを学ぶ段階の人は直接コミュニケーションを取ることも必要なのかな?と感じています。そこは社会人の先輩として自分もフォローできればと思っています!

・ ・ ・

永井さん、ありがとうございました!二刀流選手として広告営業の道を究め、ユニークワンをどんどん盛り上げていってくれることを期待しております!

画像4

(余談:永井さんの愛猫「ここあ」ちゃん。ユニークワンペット愛好会に新入部員が増えましたね!)

▼永井さんのTwitterアカウントはこちら!ぜひご覧ください。

だいち|ユニークワン(@daichi_nagai_01)

ユニークワンでは「地方発のメガベンチャー」を一緒に目指す仲間を募集中です!少しでも興味がある方はぜひnoteや採用情報をご覧ください。

【ユニークワンの採用情報はこちら】

【ユニークワン社員のインタビューnoteはこちら】


この記事が参加している募集

オープン社内報

更新情報はTwitterでおつたえします🐣

Danke🍺
地方企業の課題を解決するインターネット領域に特化した広告代理店です。 これまでWEBマーケティングに挑戦したことがなかった企業に寄り添い、インターネット広告・動画制作・サイト制作・SNS運用サポートで地方企業の課題を解決します。 2020年9月よりnote運営開始!