【企業でnoteを使いこなそうシリーズ第1弾】独自ドメインにしたらイイことあるの?
見出し画像

【企業でnoteを使いこなそうシリーズ第1弾】独自ドメインにしたらイイことあるの?

ユニークワンでは2020年9月からnoteをスタート。
法人向けの「note proノートプロ」を使っています。

約1年、試行錯誤して分かったのは
note proには便利機能がたくさんあり、絶えずアップデートされてること!

画像1

しかし、今まで使ったことのない機能って、

「試してみたいけど、忙しいから後でいいか…」
「効果があるのかないのか分からないから、試すのは後でいいか…」

と、結局試さないまま…という方も意外と多いのではないでしょうか?

特に企業でnoteを活用されている方は、忙しくなかなか手が回らないはず。

しかしユニークワンでは「せっかくnote proを使ってるんだから、色々な機能を使い倒したい!!」と考えました。

そして、ただ「自分たちが使ってみて終わり」ではなく

・機能を使う前と後の違い
・試してみてよかったこと/困ったこと

など、実際に使ったからこそ分かったことを発信していきます!

(少しでも皆様のお役に立てますように…🙏)

題して「企業がnoteを使いこなそうシリーズ」!!
第一弾は「独自ドメイン機能」をご紹介します。


独自ドメイン機能とは

まず「ドメイン」とは、https://example.comといったURLのうち、example.comに当たる部分です。

独自ドメイン機能を使わない場合、「note.com」のドメインを使用することになります。

独自ドメイン機能を使用する場合は、.comの左側を自由に設定でき、「com」の部分はjpやbizなど好きなトップレベルドメインに設定できるようになります。

画像7

独自ドメイン機能を使うメリットは3つ。

1.自社らしさをアピールできる
note.com内のページではなく、自社限定のドメインを使うことで、自社の独自性をアピールすることができます。

2.ロゴやファビコンを表示できる
note proでは、独自ドメインを適用させることで自身のロゴやファビコンをアップロードし、noteのロゴとファビコンを差し替えることができます。

詳細は「ロゴとファビコンをオリジナルのものに変更する」をご覧ください。

3.Googleアナリティクスが利用できる
Googleアナリティクスを利用してnote proページのアクセス解析をしたい方は、独自ドメインが必要になります。
Googleアナリティクスの設置は有料オプションです。詳細は、Googleアナリティクス設定するをご確認ください。

引用:noteヘルプページ

見た目で分かる変化としては、
上部バーのロゴやファビコンを設置できること!

画像5

独自ドメインにする前より”自社メディア感”を出すことができます。

具体的な手順や注意事項はnoteヘルプページをご覧ください。


独自ドメインを試す前に考えていたこと

1.PV数が落ちないかな?

note.comのドメインは、SEOに強いとされています。

簡易チェックツールでの調査によると、
94.2という驚異のドメインパワーを誇ります!

画像2

(2021年10月15日現在の数値・あくまで参考値です)

ドメインパワーは、検索順位に影響する要素の一つとされています。

独自ドメインにすると、note.comドメインの恩恵を受けられない
検索結果の上位に表示されなくなる
PV数が減るのではないか?

という懸念が少しありました。

2.ドメインを変えることでトラブルは起きないかな?

独自ドメインに変更しても、以前のnote.comドメインのURLから自動的にリダイレクトされます。
ですので、「他のページに貼ったnoteリンクから記事が見れなくなった!」というトラブルはありません。

しかし、ドメイン変更はWebサイトにとって大きな変更
それ以外に何かトラブルが発生する可能性もゼロではないな、と感じていました。


独自ドメインにしてみてわかったこと

ユニークワンでは早速、独自ドメインを設定してみました。

ドメインは「note.unique1.jp」。
ユニークワン本体サイトのサブドメインとして設定しました。

2021年5月13日に切り替えてから約5か月が経過。独自ドメインにしたからこそ分かったこととは…!

1.PV数に大きな影響はない

切り替え前後でnoteのPVを比較してみました!

・切替前:2月1日~5月12日(101日)→4,193PV
・切替後:5月13日~8月21日(101日)→4,713PV(+520PV・11%増)

画像3

若干PV数は増えたものの、大きな変化は見られませんでした。

次に、流入元別にデータを見てみると…。

画像4

GoogleやYahoo!の検索エンジンからの流入が若干減っているのは、
ドメイン変更の影響が少しあるかもしれません

しかし自社の採用サイトTwitterからの流入はかなり増えました!
多くの人に見てもらうためには「独自ドメインかどうか」というよりは

①読みたくなるコンテンツを書く
②note記事を読んでもらえる導線を作る

ことが重要なのだと実感。

特にユニークワンでは、導線づくりに「自社採用サイト」と「社員の個人Twitterアカウント」をフル活用しています!


2.サーチコンソールを使えて便利!

実は、独自ドメインを設定するとサーチコンソールを使えるんです!

画像6

※サーチコンソールとは…
Googleが提供する分析ツール。Webサイトの検索エンジン上での検索順位検索クエリ、クリック数などを把握できる優れものツールです!

独自ドメインのヘルプページには記載がなかったのですが、確認したところ別ページにヘルプがありました!

Googleアナリティクスの利用は有料オプションですが、サーチコンソールは無料で利用できます。うれしい😊

なおサーチコンソールは、サイトの所有者であると証明する必要があります。noteの場合「DNSレコード」の設定をします。

サーチコンソールの設定については、弊社コラムをご覧ください!


3.Googleマップの埋め込みには工夫が必要

独自ドメインにしましたが、大きなトラブルはありませんでした!
しかし少し戸惑ったのが「Googleマップの埋め込み」。

独自ドメインでない場合、テキストにURLを貼って改行するだけで簡単に表示されます!

しかし独自ドメインの場合、URLをそのまま貼って公開するとエラーが
プレビュー画面では問題なく表示されたので、公開後に気づきました

理由は、noteで使用しているGoogleマップのAPIが独自ドメインに非対応のためと考えられます。

そこでnote運営事務局に問い合わせたところ「これを試してみてほしい」という対処法を教えてもらいました!
実際に試してみたところ、見事表示できたのです🎉

その対処法はこちら👇

1.「共有」の「地図を埋め込む」よりHTMLをコピーする

画像8

2.コピーしたHTMLのうち「src=”~~"」で囲まれているURL部分をコピー

ユニークワン新潟本社の住所の場合、下記の太字をコピーします。

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3148.2823063483734!2d139.07793961637756!3d37.90046361268891!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x5ff4ce2d372eabe3%3A0x96f28752d91a2f65!2zKOagqikg44Om44OL44O844Kv44Ov44Oz!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1634715042598!5m2!1sja!2sjp" width="600" height="450" style="border:0;" allowfullscreen="" loading="lazy"></iframe>

3.上記のURLをnoteに張り付けエンターを押し公開

これで表示できました!

上記は公式ヘルプに掲載されていない手順なので、場合によってはうまく行かないこともあるかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

・ ・ ・

まとめ

独自ドメイン機能を使ってみた結果をまとめると…

■検索エンジンからの流入は若干減るかもしれないが、PV数全体に大きな影響は見られない。PVを増やすにはコンテンツと導線設計がカギ。

サーチコンソールを使えるようになるのは便利!

Googleマップの埋め込み時には一工夫が必要

結果的にネガティブな変化は少なく、より"自社メディア感“を強めることができたので試してみてよかったな、というのが正直な感想です!

note proをお使いの皆さま、ぜひ試してみてください!

ユニークワンでは、noteの活用に関するご相談も多くいただいております。
ご相談は下記からお気軽にどうぞ!


この記事が参加している募集

オープン社内報

更新情報はTwitterでおつたえします🐣

Thank you🍔
地方企業の課題を解決するインターネット領域に特化した広告代理店です。 これまでWEBマーケティングに挑戦したことがなかった企業に寄り添い、インターネット広告・動画制作・サイト制作・SNS運用サポートで地方企業の課題を解決します。 2020年9月よりnote運営開始!