見出し画像

西日本にもローカルメディアを広げたい!徳島出身・石川へIターン転職した彼女が語る"メディアづくり"の醍醐味

ユニークワン社員一人ひとりの素顔に迫る社員インタビュー。今回の記事は、メディア部・岡本 真帆おかもと まほさんへのインタビューです!

岡本さんは徳島県出身。大学時代は大阪・社会人1年目は滋賀と西日本エリアで暮らしてたんだとか。ユニークワンへの入社をきっかけに、石川県へIターン転職!初めての土地で、今まで未経験だった「メディアづくり」の仕事を楽しんでいます。

なんでユニークワンに入社しようと思ったの?
Iターン転職って大変じゃなかった?

その本音を探ってみました!

・ ・ ・

徳島出身→進学で大阪へ。卒業後、海外向けの営業をやりたく滋賀県にある製本機メーカーへ入社。

ーー今回はよろしくお願いします!岡本さんは徳島出身なんですよね?四国出身のメンバーは、ユニークワンで初めてです!

そうなんですか!なんだか光栄です笑 地元は徳島なのですが、大学進学をきっかけに大阪へ行きました。そのあと、滋賀県にあるメーカーへ新卒として入社して。振り返ると、ずっと西日本エリアで生活していましたね。ちなみに前の職場では、製本機のメーカーで貿易事務の仕事をしていました!

徳島名物・阿波踊りを楽しむ岡本さん

ーー「貿易事務」!?あまりなじみのない職種ですが…どんなお仕事をされていたんですか?

わかりやすく言うと「営業事務」みたいな仕事ですね。営業担当の補助業務として、見積書や発注書を送ったり電話対応をしたり… 前職では海外向けの部署で働いていたので、取引先とのやり取りは英語でした!

ーーグローバルな職場ですね!英語を使って仕事をしたい、という思いがあったのでしょうか?

もともと大学時代に、英語と中国語を専攻していました!「いつか仕事で使えたらいいな」と思っていたので。そういう意味では、前職で英語を使った仕事を経験できてよかったです!


「IT企業ってカッコよさそう!」石川県の求人を探すとユニークワンが見つかった

ーー前職からユニークワンへ転職した背景を教えてもらえますか?

本当はお客様と直接応対する「営業」の仕事をしてみたかったんですけど、どうしても会社の都合で難しそうで。ちょうど同時期に、親戚がいる都合で石川県へ行く機会が何回かあったんです。

観光地が多くて楽しかったのはもちろんなんですけど、食べ物も美味しいし、コンパクトで住みやすそうだなと思って。 今いる自分の環境を変えたいとも思っていたので、思い切って石川県に移住しよう!と決めました。

ーー「石川に住みたい!」という気持ちがきっかけだったんですね!ちなみにユニークワンはネット広告やWebメディアの会社です。今まで働いてた業界とかなり違うはずですが、なぜユニークワンを選んだのでしょうか?

石川で転職先を探している中で、WebやIT業界に惹かれていきました。市場が伸びていて勢いのある業界で働いてみたいな、という想いが強くなってきたんです。「石川県」かつ「IT業界」の求人を探している中で、未経験OKの求人を見つけました。それがユニークワンでした!

_____________________________________________
ユニークワンでは一緒に働く仲間を随時募集中です。
興味がある方はぜひ求人をご覧ください。

>> 採用情報はこちら
_____________________________________________

ーーユニークワンを見つけてくれてありがとうございます!他社の求人も見ていたと思うのですが、入社の決め手は何だったのでしょうか?

noteのインタビュー記事ですね!特に、メディア部・内山さんのインタビューを見て安心したのを覚えています。未経験スタート・メディア部・北陸オフィスと共通点が多く「自分も働けそう!」とイメージできたのはかなり大きかったです。


入社して最初に当たった壁は"Slackスラック"!?

ーーユニークワンへ入社する前と後でギャップはありましたか?

noteを見ていたので基本的にあまりギャップはありませんでした。ただ、最初はSlack文化に慣れるまで少ししんどかったですね…。前職は直接コミュニケーションを取ることが多い会社だったので。ユニークワンでは、隣にいるのにSlackで返事が返ってきて笑 

チャットだとどうしても冷たく見えてしまって「怒ってるのかな?」と不安になることもありました…。この経験から、自分がチャットをするときは明るく伝わるように、言い方に気を付けてます!あ、今はメンバーの人柄を知っているので大丈夫なのですが!

ーー入社したてだとSlackに戸惑うメンバーもいますもんね(参考:1・3・6インタビューの記事)。

今はもう慣れました!Slackというツールへの慣れだけでなく「分からないことを誰に聞けばいいか分からない」状況が最初はありました。直接顔を合わせてれば気軽に聞けるかもしれないんですけど、Slackでメンションを付けて聞くとなると身構えてしまって…。 今は役割やコミュニケーションのルールが整備されてきて、かなり働きやすくなりました。

ーー分からないことを聞ける「新規入社チャンネル」もありますしね!ちなみに岡本さん、入社して数日間は新潟本社で研修してましたよね?

はい。その時初めて新潟県を訪れました。「新潟ってすごく都会じゃん!」と正直びっくりしました。 もう一つ、新潟本社のオフィスがイメージしてた「IT企業」っぽくなくて、それも驚きました笑

※新潟本社、外観はイマイチかも…ですが働く環境にはこだわってます!

※ちなみに北陸オフィスはとってもキレイです!

ーー話は変わりますが、石川県での移住ライフはいかがですか?初めての土地で生活するって、期待もあれば不安もありますよね…!

最初は、知ってる人が少ないし冬が大変そう…と不安でした。ただ、いざ住んでみると石川って大阪や京都から意外と近くて!学生時代の友だちも結構来てくれます。観光スポットはもちろん、オシャレなお店や美味しい飲食店も多くて楽しいです。北陸オフィスのメンバーとも、新しいお店を開拓しています!

▲内山さんのツイート見ると…北陸オフィス、楽しそうです!


行ってないけど"旅行気分"になれる、メディアづくりの醍醐味

ーーローカルメディアの企画・編集という仕事はいかがですか?

未経験だったので、最初は大変なことの方が多かったです。過去の記事を読んで傾向を掴んで… とにかく仕事のスピードへついていくのに必死でした。今は仕事に慣れてきたし、マニュアルの整備もかなり進んでいるのでスムーズに進められるようになりました!

ーー大変なこともある一方で、メディア編集の「楽しさ」も感じられてるのかな、と思います。いかがでしょう?

メディア部で働いていて一番楽しいのは、知らない土地に旅行した気分になれることかな、と思います!今は静岡や高崎など、石川県以外のローカルメディアについても編集を担当しています。行ったことがない土地なのですが、地域の話題やイベントをいち早く知ることができるのはワクワクしますね。


徳島・大阪・滋賀… ゆかりのある西日本エリアにもローカルメディアを広げたい

ーー最近は、LINE公式アカウントでローカルメディアの更新通知が受け取れるようになり(詳細はこちら)、ますます多くの人に記事を見てもらえるようになりました。岡本さんが今後目指したいことを教えてください!

自分にゆかりのある西日本エリアでローカルメディアを展開していきたいです!地元である徳島は、特にやってみたいですね…。入社して1年弱経って、担当するメディアも増えました。LINE公式アカウントでの配信のように、新しい取り組みも増えてきています。これからは、ローカルメディアが全国で盛り上がるようなチャレンジを続けていきたいです!

笑顔で語ってくれた岡本さん。zoomインタビューありがとうございました!

・ ・ ・

岡本さん、ありがとうございました!
一緒にユニークワンをどんどん盛り上げていきましょう!

ユニークワンでは「地方のIT化をリードする」というミッションを実現すべく、仲間を募集中です!少しでも興味がある方はぜひnoteや採用情報をご覧ください。

ユニークワンの採用サイトはこちら

関連記事


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,859件

#企業のnote

with note pro

13,012件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新情報はTwitterでおつたえします🐣