マガジンのカバー画像

ユニークワン社員のnote

17
社員が作成したnote記事です!
運営しているクリエイター

#ユニークワン

広告代理店はもういらない?"一億総メディア時代"における広告代理店の価値とは

最近、家ではテレビ番組をほとんど見なくなってしまいました。テレビで見るのは、YouTubeやNetflixがメイン。私だけでなく、そういう方は多いはずです。 ちなみに、YouTubeにどのくらいのコンテンツが上がってるのかご存じですか? 法人向けソフトウェア開発の『Domo』が行った調査では、1分あたり500時間分の動画コンテンツが全世界でアップロードされているとのことです。想像以上に膨大な量ですね。 かつては、テレビ・新聞社など「マスメディア」が特権的にコンテンツを配

スキ
13

「面接で就活生からよく聞かれる6つの質問」社長として正直に答えてみた

4月は、就職活動が活発になるシーズンですよね。ありがたいことに、ユニークワンの新卒採用への応募も増えています。 数多くの選択肢から就職先を決める就活生にとって、気になることはたくさんあると思います。会社の良いところだけでなく、ぶつかっている壁や課題も気になるはず。 今回のnoteは、就活生の方からよく受ける質問に回答していきたいと思います。現在は組織体制上、就活生の方と関わる機会がそこまで多くありません。その分、包み隠さず本音で答えたいと思います。 1.学生時代にやって

スキ
13

「首相の交代」よりも「ラーメン屋の閉店」?-私がローカルメディアに取り組む理由

「ユニークワンって、ネット広告の会社ですよね?」 お客様や知り合いからはよくこう聞かれます。 たしかに、ホームページにはデカデカと「成果を追求するインターネット広告会社」とあるので、そのイメージが強いと思います笑 しかし実は「Webメディア運営」というもう一つの顔があるんです。 ユニークワンでは創業当初から、地域情報に特化した「ローカルメディア」を運営しています。新潟市でスタートした「にいがた通信」は、月間300万PVを超えるメガメディアになりました。いまは全国で約2

スキ
21

「地味」な2021年から「変化に挑戦する」2022年に【新年の抱負】

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 年末年始があっという間に過ぎましたね。お正月は、4歳の娘に本気で挑んだ神経衰弱で負けたり、なぜか43歳になった自分まで親からお年玉をもらったりと、家にいながらも楽しい時間でした笑 ユニークワンでは1月4日から仕事始めとなりました。経営者目線でいうと「2021年も会社をつぶさず生き残れた」という安堵感が一番大きいです。さまざまなお客様がユニークワンを応援してくれたことを大変ありがたく感じています。また、無

スキ
20

もし過去に戻ってもう一度起業するなら絶対にやり直したいこと【これから起業したい方へ】

最近、都心だけでなく地方でも「起業」する人が増えてきたように感じます。 私自身、起業に関するインタビューを受けることも増えてきました。 今は資本金がほとんどなくても、パソコン1台で簡単に起業できる時代。 学生の中でも、エリートコース=大手企業に就職という概念は薄れ、起業する人が増えてきている印象です。 しかし、起業するのは簡単でも、その後企業として生き残るのはものすごく大変です。 自分一人でユニークワンを起業して8年目を迎えていますが、振り返ってみると「あのときこうし

スキ
19

急成長ベンチャーへの"憧れ"は捨てよう

「ベンチャー企業」と聞いて、どんなイメージを持ちますか? 「若い人が多くてなんだか楽しそう」 「スピード感のある仕事ができて成長できそう!」 …と、ポジティブなイメージを持っている方も少なくありません。 実際、ユニークワンの求人に応募してくれる方も 「ベンチャー企業」であることに大きな魅力を感じてる人もたくさんいます。 しかし、そういう方に私は必ず言います。 「急成長ベンチャーって超超超大変だよ?考え直したほうがいいんじゃない?」 メンバーに聞かれたら怒られるんじ

スキ
19

農家の長男として生まれた私が紆余曲折を経てITベンチャーを起業した話

はじめまして。立川和行(たちかわかずゆき)と申します。 新潟を拠点にインターネット広告会社「ユニークワン」を経営しています。 2014年に創業して今年で8期目。 会社が目指す方向性、取り組んでいる内容について広く知ってもらいたいと思い、改めて代表者個人としてnoteに取り組もうと決意しました。これから月1回の更新を目標に、頑張っていこうと思います。 note本格始動の第一弾として、まずは私の自己紹介をしたいと思います。 ざっくりかいつまむとこんな感じ。 IT企業の

スキ
53